ヤマハ、全日本ロードレース参戦チーム有志が熊本の災害ボランティアに参加

モータースポーツ レスポンス

6月上旬、全日本ロードレース選手権(JSB1000)に参戦するYAMAHA FACTORY RACING TEAMのライダー中須賀克行、吉川和多留監督、そしてYAMALUBE RACING TEAMのライダー野左根航汰、藤田拓哉、難波恭司監督をはじめとした有志が、熊本の災害ボランティアに参加した。

九州出身者は、県を超えて九州人として固い絆を持っているが、中須賀は福岡県出身の九州人であり、熊本の震災には人一倍心を痛めていた。また、今回の震源地近くには中須賀と相性のいいオートポリスがあり、そのオートポリスも被災して、今年予定されていた2レースが中止となった。こうしたことから、だれからともなく災害ボランティアへの参加が浮上し、有志が集まった。

レースが行われる各サーキットでは、募金活動を行い、マシンには復興支援ステッカーを貼るなど、全日本ロードレース全体として復興支援活動をしているが、今回は、被災地で災害ボランティア活動をするという形でチームヤマハが結成されたのだ。災害ボランティアであり、各人の服装にヤマハをイメージさせるものはない。

チームを率いる吉川監督は「私たちが災害ボランティアに参加したからといって、何かが劇的に好転するとは、当たり前ですが考えてはいません。ただ、私たちが参加したときも多くのボランティアが来ていて、個の力は小さくても、それが集まれば大きな力となると感じたし、ボランティアの方々もそうした思いで参加しているのではないでしょうか。当日は、倒壊した家屋の廃材処理などを行いましたが、困った方々にとって、少しでもお役に立てたのであればうれしく思います。今後は、レースを通して被災地の方々に勇気を届け続けたいし、一日も早い復興を祈っています」とコメントした。

  • 佐久間光政
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ