NTTドコモ、ネットワークスライシング技術の実証に成功…コネクティッドカーなどの普及に向けた技術

業界 レスポンス

NTTドコモとエリクソンは、第5世代移動通信システム(5G)の実現に向け、コネクティッドカーなど、利用するサービスに合わせて効率的にネットワークを提供するネットワークスライシング技術の実証実験に成功したと発表した。

ネットワークスライシング技術は、低遅延・高信頼・高セキュリティなど、様々な要求条件が求められる5Gで、ネットワークを仮想的に分割(スライス)することで、利用するサービスの要求条件に合わせて効率的にネットワークを提供する技術。

今回、サービスの要求条件に基づき自律的に最適なネットワークスライスを選択または作成する機能を新たに追加することで、複数の異なるサービスを最適なネットワークスライスを通じて提供することに成功した。ドコモは、ネットワークスライスを選択または作成する機能を設計、エリクソンはエリクソンのクラウド製品を用いてネットワークスライスのサービスを管理する基盤を実装した。

実験の成功により、1つのネットワークにすべてのサービスを収容する現在の運用とは異なり、共通のネットワーク基盤上にネットワークスライスをサービスごと要求条件に合わせて仮想的に構築・収容することで、サービスに必要な高いレベルの要求条件を効率的に実現できることを実証した。

1つの端末が複数のネットワークに並列して接続できるようになるため、コネクテッドカーには高セキュリティ、低遅延、インフォテイメントサービスには広帯域など、異なる要求条件を持つ複数のサービスを1つの端末で利用できることが可能となる。

今回の成果は、6月28日から30日までイギリスのロンドンで開催される「5G world」で展示する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ