ホンダ、台湾で四輪車生産累計30万台…生産開始から13年で

業界 レスポンス

ホンダは、台湾の四輪車生産子会社である台湾本田汽車が、2003年の生産開始以降、累計30万台を達成したと発表した。

6月15日には、累計30万台達成の記念式典を実施。式典には、台湾本田の伊藤隆人董事長をはじめ、台湾本田汽車の万年博之総経理、両社の従業員らが出席し、記念すべき30万台目のモデルとして、『CR-V』のラインオフを行った。CR-Vは、台湾のSUVセグメントで、累計販売台数首位を獲得している。

台湾本田汽車は2003年にCR-Vから生産を開始し、その後『アコード』『シビック』『フィット』『シティ』と生産車種を拡大。2012年に生産累計20万台を達成して以来4年で、累計30万台を達成した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 台湾本田汽車(HTW-M)
  • CR-V 2016年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ