自動運転“レベル3”の普及、2030年は1050万台…富士キメラ総研

業界 レスポンス

富士キメラ総研は、自動車産業における「環境」「安全」「快適」をキーワードとする有望技術を環境、自動運転/安全、コックピット、その他の4つの領域で市場調査し、報告書「2016次世代カーテクノロジーの本命予測」にまとめた。

それによるとADAS(先進運転支援システム)搭載車の販売台数は、2015年に1030万台となった。日本、EU、NAFTAなどでは交通事故低減を目的に、ADAS搭載を推奨している。EUではユーロNCAP、NAFTAではUS-NCAやNHTSAがADASを評価基準としていることから、急速に増加する見込み。

2020年には、日本、EU、NAFTAにおける販売台数の過半はADAS搭載となる。その後は自動運転レベル3へ移行するとみられ、中国などを中心に自動運転レベル3の増加が期待される。

2030年には、ADAS搭載車の販売台数は5800万台と、2015年の5.6倍となり、全販売台数における構成比が41.5%になると予測する。また、2030年に自動運転レベル3が1050万台、自動運転レベル4が56万台と予想する。

自動運転車は、先進国を中心にレベル3の生産が2020年から徐々に拡大すると予想。レベル4の量産は2020年代後半になる見通しで、高級車や商用車を中心に搭載車が増加する見込み。

次世代カーナビゲーションシステムは、IVIシステム、スマートフォンとディスプレイオーディオなどのディスプレイ類を接続してナビゲーション機能を実現するスマートフォン連携システムが対象。

IVIシステムは、日系自動車メーカー、欧州自動車メーカーの高級車への搭載が増えており、2015年の市場は289万台だった。今後は、ADASの搭載が進むなかで、IVIシステムのディスプレイにADAS情報を映すニーズが高まっていくと見られ、2030年には1812万台と6.3倍に増えると予想。

スマートフォン連携システムは、低価格車を中心に需要が拡大している。ディスプレイオーディオが搭載されている自動車は欧米や中国では非常に多く、今後はディスプレイオーディオとスマートフォンを連携させる需要が急速に高まると予想する。2015年の市場は243万台だったが、2030年に7450万台にまで増えると予測する。

センシング技術の世界市場では、2015年のカメラが860万台、ミリ波レーダーが673万台、レーザーレーダーが218万台だったが、2030年にカメラが6906万台、ミリ波が4734万台、レーザーが946万台を予想する。これらはADASに用いられるためADAS需要拡大に連動して市場が拡大する。

自動車に搭載される車載電源は通常12V電源が採用されているが、燃費規制が厳しい欧州では48V電源を実用化する動きが出ている。2011年にドイツのメーカー5社が「LV148」規格を策定し、48V電源対応車の開発が進んでおり、2016年から欧州自動車メーカーが48V電源を搭載した48VマイルドHVを投入する予定。2020年からは中国、米国でも採用が増えると予想され、2030年に48V電源車は1685万台と予想する。

  • レスポンス編集部
  • アウディの最新自動運転テストカー「ジャック」
  • グーグルが自社開発した自動運転車の最新プロトタイプ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ