北海道函館市で最大震度6弱、03年9月以来の強い揺れ

社会 レスポンス

16日14時21分頃、北海道函館市川汲(かっくみ)町で最大震度6弱の地震が発生した。地震の強さは、共に暫定値で地震の強さはM(マグニチュード)5.3、震源の深さは11km。

この地震で北海道から東北地方にかけて震度5弱〜震度1を観測した。地震の場所は、同市川汲町の沖合、内浦湾。

気象庁の青木元地震津波監視課長は、

「強い揺れを観測しているので、危険なところには近づかずに、身の回りを確認して安全を図ってほしい」と、警告した。さらに、今後の地震活動については「少なくとも1週間程度見てみないとわからないが、この地震と同じ規模の地震が起きる可能性はある」と、述べた。

函館市では今回のような強い揺れに達する地震の記録はない。今回の地震を除くと、2003年9月26日の十勝沖地震の余震で、M7.1 震度4が最も大きかった揺れだ。ただ、この周辺での地震にはある特徴があるという。

「1978年10月末〜1980年12月末の2年間に、函館沖の活動では、最大M4.4クラスが6回、M3クラスが38回の地震が続発したことがあった。函館市のある渡島半島全体でそうした動きが散見される。今回も同様かどうかは不明だが、同じような揺れもありうる」(青木氏)

この地震の直後、同じ日の午前9時台には、M2.5、最大震度2をはじめとする、小さな揺れが4回あった。

地震直後に通行止めだった函館新道は、その後まもなく解除。函館空港の滑走路や施設などにも被害がなく、平常通りの運用が行われている。

  • 中島みなみ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ