スコア・バハ500、東洋ゴム製オフロードタイヤ装着車両が総合優勝

モータースポーツ レスポンス

東洋ゴム工業の米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A.Corp.(TTC)は、同社が契約するグスタボ・ヴィルドソラ Jr選手が、6月2日〜5日(現地時間)、メキシコで開催された第48回「スコア・バハ500」で総合優勝したと発表した。

スコア・バハ500は毎年6月に開催、世界有数の過酷なオフロードレースとして知られる。参加車両は、メキシコのバハ・カリフォルニア半島太平洋側の都市エンセナーダを出発し、全長500マイル(約800km)の起伏に富んだ砂漠地帯をノンストップで疾走する。完走するためには、高度なテクニックだけでなく、高い走破性と耐久性を持つタイヤが求められる。

今回ヴィルドソラ Jr選手は、その両性能を持ち合わせた「オープン カントリー R/T-R」を装着した車両で参戦。8時間20分52秒で完走し、優勝を果たた。また、同レースのピックアップトラッククラス8部門では「オープン カントリー M/T」を装着した車両で参戦したアンプディア兄弟が優勝した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ