VWグループの電動化車両、30車種以上に拡大へ…2025年計画

業界 レスポンス

2015年9月に発覚した排ガス不正問題以降、パワートレインの電動化を進めているフォルクスワーゲングループ。同社が、さらなる電動化車両の投入計画を公表した。

これは6月16日、フォルクスワーゲングループがドイツで発表した2025年までの中期経営戦略、「TOGETHER」の中で明らかにしたもの。同社は、「2025年までに、電動化車両を30車種以上、投入する」と発表している。

フォルクスワーゲングループは、「eモビリティ」の推進に力を入れている。同社は排ガス不正問題が起きて以降、パワートレインのEVやプラグインハイブリッド車(PHV)へのシフトを早める戦略を掲げてきた。

フォルクスワーゲングループは現在、製品ラインアップ中に、EVとPHVを合わせて、およそ10モデル展開。2020年までには、さらに20車種を追加する予定としていた。今回、これを一歩進め、2025年までに、電動化車両を30車種以上へ拡大する。

同社のマティアス・ミュラーCEOは、「フォルクスワーゲングループは、さらに燃費や技術革新などを重視していく」と述べている。

  • 森脇稔
  • VWの次世代EVの方向性を示すコンセプトカー「BUDD-e」
  • フォルクスワーゲン e-ゴルフ
  • フォルクスワーゲン e-ゴルフ
  • フォルクスワーゲン e-ゴルフ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ