BMW、メキシコ工場を起工…2019年から 3シリーズ 生産へ

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは6月16日、メキシコ新工場の起工式を開催した。

BMWグループが工場を建設するのは、メキシコ中部のサン・ルイス・ポトシ州。およそ10億ドルを投じ、建設工事を行う。工場の稼働は2019年を予定。年産能力はおよそ15万台を想定しており、約1500名を雇用する計画。

すでにBMWグループは北米において、米国サウスカロライナ州のスパータンバーグ工場でSUVの『X5』などを生産中。メキシコに工場はBMWにとって、北米における2番目の生産拠点となる。

生産車種は、BMWブランドの主力モデル、『3シリーズセダン』。これに伴い、現在3シリーズセダンを組み立てている南アフリカ工場では、次期『X3』の生産を行う体制へと再編を予定する。

BMWグループのOliver Zipse生産担当取締役は、「BMWグループの全ての知見と能力を、メキシコの新たな地で示すことになるだろう」と語っている。

  • 森脇稔
  • BMW 3シリーズ セダン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ