三菱自、2006年以降販売の20車種すべてで燃費不正

業界 レスポンス

三菱自動車は6月17日、2006年から2016年までの過去10年間で販売した20車種すべてで、燃費試験における不正行為があったとの追加報告を国土交通省に行った。

同社の文書保管期間が10年間となっているため、調査は2006年から2016年に限られたが、その10年間に販売された20車種すべてに不正があったことが判明した。

同社は、走行抵抗の測定で独自の「高速惰行法」を17車種で使用していたほか、成績書(負荷設定記録)を作成する際、惰行時間、試験日、天候、気圧、温度などについて、事実と異なる記載を全20車種で行っていた。さらに、転がり抵抗と空気抵抗を改ざんした車種もあるとした。

燃費試験で不正行為があった20車種は以下の通り。

・ミニカ/ミニカバン

・旧型eKワゴン(含むeKスポーツ NAモデル)

・eKスポーツ(ターボ車)

・トッポ

・パジェロミニ

・ミニキャブ/タウンボックス

・i(アイ)

・i-MiEV

・ミニキャブMiEV

・パジェロ

・アウトランダー(ガソリン車)

・アウトランダーPHEV

・デリカD:5

・旧型アウトランダー

・ランサーエボリューション

・ギャランフォルティス/ギャランフォルティス スポーツバック

・コルト/コルトプラス

・RVR

・ミラージュ

・トライトン

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱自動車本社《写真 Getty images》
  • 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション(左)とアウトランダー(右)《撮影 宮崎壮人》
  • 三菱 コルト
  • 三菱 パジェロ(資料画像)《撮影 宮崎壮人》
  • 三菱 デリカD:5《画像 三菱自動車》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ