三菱自動車、顧客への賠償金費用として500億円の特別損失計上

業界 レスポンス

三菱自動車は6月17日、燃費不正問題に伴う顧客への賠償金費用として、お客様へのお支払い費用として、2017年度3月期決算に約500億円の特別損失を計上する見込みだと発表した。

約500億円には、軽自動車4車種以外の登録車5車種についての賠償費用として、約30億円が含まれる。三菱自動車と日産自動車の軽自動車4車種については、2016年3月期決算に顧客への賠償費用として約150億円を引き当て済み。

なお、2017年度3月期の業績見通しについては、顧客への賠償金以外に発生する費用を現在精査中で、見通しが明らかになった段階で公表する予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ