【ルマン24時間 2016】LMP2…トップ争いに平川組TDSが浮上、松田組KCMGはリタイア

モータースポーツ レスポンス

フランスのサルトサーキットで行なわれている2016ルマン24時間レース。3人の日本人ドライバーが参戦するLMP2クラスは、平川亮が乗る号車ティリエ バイ TDSレーシングが優勝争いに絡む活躍を見せている。

序盤戦から46号車が着実に順位を上げ、ちょうど平川がステアリングを握っていた開始6時間頃にトップに浮上。その後も安定した走りで後続との差を広げにかかった。その後も、26号車G-ドライブレーシング、36号車シグナテック・アルピーヌと激しい上位争いを展開。12時間30分を経過したところでクラス3位につけている。

また、一時はクラス3番手まで浮上した松田次生が乗る47号車KCMGは、スタートから7時間を過ぎたところで電気系のトラブルに見舞われコース上でストップ。ちょうど松田がドライブしている時の出来事だった。

マーシャルの力も借りてなんとかピットへ。修復作業を行い開始9時間を過ぎたところでコースに復帰したが、またしてもストップしてしまい、正式にリタイア届けが出された。

同じLMP2クラスで戦う中野信治が乗る34号車レース・パフォーマンスは序盤からトラブルやアクシデントで止まってしまうシーンが何度か見られ、難しいレース展開となってしまっている。

LM GTE-Amクラスに参戦する澤圭太が乗る61号車クリアウォーター・レーシングのフェラーリ『458イタリアは序盤こそ後退していたが、着実に追い上げ現在はクラス3番手。山岸大が乗る50号車ラーブル・コンペティションのコルベット『C7-Z06』はクラス6番手につけている。

  • 吉田 知弘
  • #46ティリエ バイ TDSレーシング《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • #34レース・パフォーマンス《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • #47KCMG《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • #61クリアウォーター・フェラーリ《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • #50ラーブル・コンペティション・コルベット《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • #61クリアウォーター・フェラーリ《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • #47KCMG《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ