【ジャガー F-PACE】走り去っていく姿にジャガーらしさ感じさせる

新車 レスポンス

ジャガー『F-PACE』は、フランクフルトモーターショー13でデビューしたコンセプトカー『C-X17』がベースとなっている。

このC-X17はワールドツアーを行い、デザインの先行開発に寄与。2014年には日本でもイベントが開催された。

「C-X17とほぼ一緒と見えるが、実はだいぶ違う」とは、ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング・広報部ディレクターの若林敬市氏の弁。「ヘッドライトやボディラインをはじめ、ブリスターフェンダーもコンセプトカーの方がエッジが尖っているなど差異が見られる。しかし、コンセプトカーの雰囲気を保ってデビューした」と述べる。

F-PACEのデザインは、「スタイルとパフォーマンス、実用性全てを完璧なバランスでデザインした。そのスポーツカーを彷彿させるデザインと、ラグジュアリー、贅沢さ、更にはインテリアの実用性まで全て満足させたクルマだ」と若林氏はジャガーデザインディレクターのイアン・カラム氏のコメントを伝える。

具体的なデザインの特徴について若林氏は、「フロントでは、ボンネットの先端のラインとヘッドライトの上端を結ぶことで、鋭い目つきを表現している」と話す。更に、スポーツカーをイメージさせるべくロングノーズを強調。「フロントグリルの上端の角からAピラーの下端にかけて結ぶボンネットのキャラクターラインが、戦闘機のようなロングノーズのイメージを表している」という。

また、サイドビューには複数のキャラクターラインが入っており、少しずつ後ろに向かって上がっている。これにより「スピード感を表現している」と若林氏。

そして、「SUVなので車高が高く重く見えがちなので、それを払拭するために、ドア下方部に削ぎ面を入れ、高さを感じさせずスリムに見えるようにデザインされた」という。

更に「スポーツカーを意識したクルマなので、抜き去った時の姿が非常に大事だ」と若林氏。リアタイヤ周りのブリスターフェンダーにボリュームを付け、グラマラスに見せることで、「抜き去った時のフォルムが力強く、走り去っていく姿がいかにもジャガーのような、動物のような力強さを表現している」と語った。

  • 内田俊一
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー・C-X17《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ