【F1】ピレリ、単独タイヤサプライヤーを2019年まで継続

モータースポーツ レスポンス

ピレリは、国際自動車連盟(FIA)との契約を更新、2017年から2019年までの3年間、引き続きF1単独タイヤサプライヤーを務めると発表した。

ピレリは、シーズンオフの期間を通じて、各チームの協力の下、FIAとテクニカルレギュレーションの重要な変更点に関して合意。2017年シーズンより、ボディワークや幅広のタイヤを含む変更がテクニカルレギュレーションに導入されることになる。

これらの変更に備え、ピレリは、タイヤ構造やコンパウンドのプロトタイプ的要素を加えた現行サイズのタイヤを装着した2012年〜2014年型マシンによるテストを実施。さらに、2015年型マシンに変更を加え、2017年型タイヤサイズ(フロント:305/670-13 リア:405/670-13)のスリックタイヤを装着して、合計25日間のテストを実施する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • F1(参考画像)《画像 GettyImages》
  • F1(参考画像)《画像 Getty Images》
  • F1(参考画像)《画像 Getty Images》
  • ピレリ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ