【ルマン24時間 2016】LMP2クラスはアルピーヌが優勝…松田、平川はリタイア

モータースポーツ レスポンス

2016ルマン24時間耐久レース。LMP2クラスはNo.36 シグナテック・アルピーヌのアルピーヌ『A460』が優勝を飾った。

LMP1同様にレース序盤から激しいレース展開をみせたLMP2クラス。特に夕暮れを迎える前半戦では平川亮が駆るNo.46 ティリエ バイ TDSレーシングが一時トップに浮上。後続を圧倒する力強い走りを見せた。

また毎年上位争いに食い込むNo.26 G-ドライブレーシングはペナルティをうけ後退。さらに表彰台圏内を走っていた松田次生が乗り込むNo.47 KCMGもコース上でストップ。マーシャルの手を借りてなんとかピットに戻り再び走り始めたが、またしても止まってしまいリタイアとなってしまった。そして夜が明けた後半戦で46号車がクラッシュ。自走でピットにたどり着くもマシンのダメージが大きくリタイアを余儀なくされた。

こうした混乱があった中、36号車はコンスタントに周回を重ねトップを死守。残り1時間は序盤の後退から追い上げてきた26号車と同一ラップでの優勝争いとなったが、最後まで安定して走り続け357周で優勝した。2位には26号車のG-ドライブ、3位にはNo.37 SMP Racingが入った。

アルピーヌ勢としては1978年に総合優勝しており、今回はLMP2クラスではあるが、それ以来のルマン勝利となった。

またNo.34レースパフォーマンスから参戦した中野信治は、途中度重なるトラブルやアクシデントなどで我慢のレースとなったが、クラス17位で完走を果たした。

  • 吉田 知弘
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
  • 2016ルマン24時間レース(LMP2クラス)《Photo:Kazuhisa Masuda/撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ