第一次「女性ドライバー応援企業」を認定…2020年に1.4万人に倍増

業界 レスポンス

国土交通省は、タクシー事業における「女性ドライバー応援企業」の第一次認定に当たり6月20日、認定セレモニーを開催する。

タクシーは、利用者ニーズに応じてドア・ツー・ドアの輸送サービスを24時間提供する重要な公共交通機関だが、高齢化社会によるドライバー不足や、男性に依存した就業構造が課題となっている。

一方で、タクシードライバーは、柔軟な労働時間の設定が可能で子育てとの両立も図れ、女性の活躍が見込まれる。また、タクシーは地域に密着したサービスで、タクシー事業への新規就労・定着は、地域での雇用の増加、経済の活性化に貢献する。

このため、タクシー事業における労働力不足の解消に向けた女性の新規就労・定着を図るため、女性ドライバーの採用に向けた取り組みや、子育て中の女性が働き続けることのできる環境整備を行っている事業者を、国が支援・PRするため、認定制度を創設した。

認定制度では、認定事業者を国土交通省のウェブサイトで紹介するほか、「女性タクシー運転者の新規就労・活躍推進に関するモデル事業業務」(2015年度)の報告書と関連冊子、キャラクターの使用権を提供する。

交通計画基本計画では、2013年に6700人いる女性ドライバーの数を2020年には約1万4000人と倍増させる計画。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ