【ベントレー ベンテイガ】コンチネンタルGTとミュルザンヌのインテリアフィールが融合

新車 レスポンス

ベントレー『ベンテイガ』は、コンセプトカーである『EX9F』をベースに、エクステリアデザインは大幅に変更されたが、インテリアの変更はあまりされずに市販化に至ったという。

「EX9Fは、『アルナージ』や『ミュルザンヌ』をベースにしたSUVのコンセプトカーだった」とは、ベントレーモータースジャパンマーケティング・PRマネージャーの横倉典氏の弁。従って、インテリアの仕上がりも同社のフラッグシップたるミュルザンヌのレベルであった。

一方、ベンテイガのエクステリアは『コンチネンタルGT』のデザインを踏襲。しかし、インテリアに関しては「ミュルザンヌレベルを引き継いだ」と話す。また、「SUVは雑に使われたり、汚れたりするので、機能性や実用性を重視しがちだが、ベンテイガのインテリアはベントレーらしい仕上がりになっている」と述べる。

横倉氏によると、「ベントレーがいま、一番力を入れているのはインテリアだ」という。ベントレーのデザインチームは、ユーザーの様々なラグジュアリーなライフスタイルを背景におき、インテリアをデザインした。「(ベンテイガは)演劇やオペラの鑑賞、高級レストランの行き帰りを演出したり、あるいは通勤用として仕事の場にしたりなど、仕事とリラックスの両方に適し、幅広いレンジのレジャーを楽しみたいという人をサポートできるクルマを想定している」と語る。

そこで重要視したのは、「ユーザーが慣れ親しんだ他のアイテムの優れたデザイン、実用性、手触り、材料などをベンテイガに採用することだった」と横倉氏。例えば高級ハイエンドカメラなどに採用される特別な触感や精緻なデザインなどは、ダイヤル類に大きな影響を与えた。そして、摩耗しやすい部分に機能的な素材を使ったハンティングジャケットや、耐久性とラグジュアリーが融合したアウターウエアの実用的なイメージは、ベンテイガのキルティングされたシートとして採用されている。

  • 内田俊一
  • ベントレー ベンテイガ《撮影 内田俊一》
  • ベントレー ベンテイガ《撮影 内田俊一》
  • ベントレー ベンテイガ《撮影 内田俊一》
  • ベントレー ベンテイガ《撮影 内田俊一》
  • ベントレー ベンテイガ《撮影 内田俊一》
  • ベントレー ベンテイガ《撮影 内田俊一》
  • ベントレー ベンテイガ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ