【ジャガー F-PACE】ネコのような足回り目指す

新車 レスポンス

ジャガー『F-PACE』のボディは、15億ポンドを投資したイギリスのソリハル工場で製造。80%をアルミニウムで作ることで軽量化に成功しているという。

F-PACEは、『XE』に続き再生アルミニウムを使用している。「ジャガー全体でエッフェル塔4基分程の再生アルミニウムを使うほど、再生アルミニウムに長けたメーカーだ」とは、ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング・広報部ディレクターの若林敬市氏の弁。これは、「ジャガーの“環境へ負荷を減らす”ための解のひとつだ。そして、2020年までにアルミニウム使用量の75%を再生アルミニウムにしたいと考えている」という。

F-PACEのフロントはダブルウィッシュボーン。リアはインテグラルリンク式のサスペンションを採用。「どちらも前後左右垂直全ての動きをしっかり受け止められように剛性を高め、動きをコントロールする、優れたサスペンションシステムを採用している」と若林氏。そして、「ネコ科のジャガーという名前のクルマなので、ネコのような足回りを目指した。その結果、ダブルウィッシュボーンとインテグラルリンクのマルチリンク式を採用したのだ」と説明。

エンジンは、ディーゼルとガソリンの2種を導入。「新開発かつ新工場で製造するインジニウムディーゼルエンジンの、グイグイと引っ張る力はほかの2リットルディーゼルにはないパフォーマンス、性能を持っている」と述べる。その数字は180PS、430Nmだ。

そしてガソリンエンジンは、3リットルV6スーパーチャージャーで、340PSと、380PSの2種類が用意される。

  • 内田俊一
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
  • ジャガー F-PACE《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ