オペル欧州販売、12%増の10万台…アストラ が牽引 5月

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルグループは6月上旬、5月の欧州販売の結果を公表した。オペルとボクスホールを合わせた総販売台数は、およそ10万2600台。前年同月比は12%増と、2桁の伸びを示す。

信用不安を抜け出した欧州では、オペルの市場シェアが拡大。5月の欧州での市場シェアは、前年同期に対して0.1ポイント増えて、5.9%を確保している。オペルによると、前年同月比12%増は、市場平均の6.8%を上回る伸び率という。

市場シェア拡大の要因は、小型車の好調。牽引役は2015年11月に発売された新型『アストラ』。2016年1‐5月は11万3500台を売り上げた。前年同期比は22%増。新型アストラの欧州累計受注は、20万台を超えている。

また、『コルサ』の累計受注台数は、50万台を突破。オペルによると、『モッカ』の改良モデル、『モッカX』も、立ち上がりは良好という。

オペルのピーター・クリスティアン・カスペルト営業担当取締役は、「力強い成長は、オペルの新鮮かつ魅力的なモデルレンジのおかげ。とくにアストラが、成功のキーとなるモデル」と述べている。

  • 森脇稔
  • オペル モッカX
  • 新型オペル コルサ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ