三菱自の下請け企業が経営破綻、燃費不正問題で

業界 レスポンス

東京商工リサーチによると、三菱自動車向けの座席用フレームの溶接加工等を手掛けてきた安藤工業所(岡山県倉敷市)が6月20日までに事業を停止し、破産手続きに入った。負債総額は約2700万円。

安藤工業所は、三菱自動車関係の受注が全体の約80%を占めていたが、以前から採算性は低調に推移していた。そうした中、4月20日に三菱自動車の燃費データ改ざん問題が発覚し、同社水島製作所の軽自動車生産がストップ。このため、同社関連の受注がなくなり経営環境が大幅に悪化。三菱自動車以外の取引先からの受注により事業維持を模索してきたが、金融債務が重く資金繰りのめどが立たなくなり事業継続を断念した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 eKワゴンのシート《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 eKワゴン《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ