トヨタ、バーチャル人体モデルに子ども仕様を追加…エアバッグなどの開発に活用

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車は6月21日、人体に衝撃が加わった際の傷害をコンピューター上でシミュレートできるバーチャル人体モデル「THUMS(サムス:Total HUman Model for Safety)バージョン4」に10歳、6歳、3歳の子どもモデルを追加し今秋より発売する。

THUMSは人体各部位の傷害程度を予測でき、エアバックなど乗員保護装置の技術開発に活用され、クルマの安全性能向上に貢献している。また、NASCARのレース事故におけるドライバーの肋骨骨折を低減するシート形状規格などモータースポーツ分野でも活用され、その用途を拡大している。

今回追加する10歳(身長138cm相当)、6歳(同118cm相当)、3歳(同94cm相当)の子どもモデルは、各年齢の平均体格を表現しており、これまで発売してきた大柄男性モデル(同189cm相当)、成人男性モデル(同179cm相当)、小柄女性モデル(同153cm相当)と同様、乗員と歩行者の姿勢を模擬した2タイプ(計6タイプ)を揃えている。ラインナップの充実により、年齢や体格差による影響まで考慮した、より幅広い傷害解析が可能となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • THUMS バージョン4 子どもモデル
  • THUMS バージョン4 成人男性モデルの頭部断面
  • THUMS バージョン4 成人男性モデルの内臓
  • THUMS バージョン4 成人男性モデル 前面衝突シュミレーションの例
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ