ローム、耐硫化性能を高めた車載向け耐硫化チップ抵抗器を開発

業界 レスポンス

ロームは6月21日、車載や産業機器、通信インフラなど硫化の厳しい環境下での用途に最適な新耐硫化チップ抵抗器「SFRシリーズ」を開発したと発表した。

自動車の排気ガスや硫黄ガスなど、空気中には様々な硫黄成分が存在し、金属表面に吸着することで少しずつ硫化を引き起こす。通常、抵抗器などの電子部品には、銀が使用されているが、長期的に硫黄成分にさらされると、電極部の硫化により抵抗値が変動を起こし、アプリケーションの故障を引き起こす場合がある。

新製品は、電極部にローム独自の構造と保護材料を採用することで、耐硫化性能の大幅な向上に成功。車載や産業機器など硫化環境下で使用されるアプリケーションの長期信頼性や、安全性の向上に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ