ランボルギーニ、新たなカーボンファイバー研究施設を開所…米国

業界 レスポンス

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは6月21日、米国ワシントン州シアトルに、新たなカーボンファイバー研究施設を開所した。

ランボルギーニは2009年10月、米国にACSL(アドバンスド・コンポジット・ストラクチャー・ラボラトリー)を開設すると発表。ボーイング社、ワシントン大学、FAA(米国連邦航空局)と共同で、次世代カーボンファイバー技術の研究開発に着手した。

軽量・高剛性なカーボンファイバーは、運動性能を高める素材として、ランボルギーニなどのスポーツカーメーカーが採用してきた。また、車体を軽くすることでCO2排出量を削減するという、カーボンが持つ環境面での効果も注目されている。

ランボルギーニは、次世代カーボンファイバー素材の開発を目指して、ランボルギーニACSLを設立。その最新の施設として今回、米国ワシントン州シアトルに、新たなカーボンファイバー研究施設を開所した。ランボルギーニが市販車にカーボンを導入して、30周年の節目にあたる。

ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、「カーボンファイバーは、ランボルギーニと長い歴史を歩んできた素材。過去、現在、未来と、ランボルギーニ車の成功にとって、最も重要なキーのひとつ」と述べている。

  • 森脇稔
  • ランボルギーニのカーボンファイバー研究施設
  • ランボルギーニのカーボンファイバー研究施設
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ