カナダ・オンタリオ州政府、FCAに71億円を助成…世界初のPHEVミニバン生産を支援

業界 レスポンス

カナダ・オンタリオ州政府は、FCAカナダ社が同州南西部のウィンザー工場で進めている、世界初のプラグインハイブリッド(PHEV)ミニバン、クライスラー『パシフィカ』の生産に対する支援として、最大8580万加ドル(約71億円)を助成すると発表した。

今回、州政府は、FCAがパシフィカの唯一の生産拠点としてウィンザー工場を選んだことを受け、同工場の設備増強および、それに伴う従業員研修の充実化を支援するため、助成金の拠出を決定。助成金は、FCAが20年前から地元ウィンザー大学と共同で行っている「自動車研究開発センター」の研究体制強化にも使用される。

今回の支援により、ウィンザー工場では現行の4000人の雇用が維持されるとともに、1200人の新規雇用の創出も見込まれている。また、オンタリオ州の自動車産業全体のサプライチェーンにおいても、数千人規模の直接・間接的な雇用の創出が期待されている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • クライスラー パシフィカ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ