三菱自、8期ぶりの最終赤字予想も「一過性の損失で、成長戦略は積極的に進める」

業界 レスポンス

三菱自動車は6月22日、一連の燃費データ不正問題を巡る特別損失の計上で2017年3月期の当期損益が1450億円の赤字になるとの見通しを発表した。

三菱自の黒井義博常務執行役員は同日、都内にある本社で会見し「燃費不正問題による一過性の損失はあるが、これはまさに一過性ということで、将来に向けた成長戦略を積極的に進めていくという方針に一切変わりはない」と述べた。

さらに「今回の燃費不正問題によって、設備投資額や研究開発費を大きく見直すことは考えていない」と重ねて強調。

このうち2017年3月期の設備投資は前年度比16%増の800億円を見込んでいる。黒井常務は「実はその外数としてインドネシアの新会社、まだ生産が始まっていないので連結をしていない形になっているが、インドネシアにおける新工場の建設費用311億円を予定しており、これを含めると1000億円を超える規模の設備投資をしていく」と説明。

一方、研究開発費に関しては「新型の小型SUVや『アウトランダー』の次期車の開発、それから先行研究の強化ということで970億円を予定している。前年度と比べると23%の増加になる」とした。

  • 小松哲也
  • 三菱自動車 黒井義博 常務執行役員《撮影 小松哲也》
  • 三菱自動車会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ