ベントレー ミュルザンヌ、NASAの技術を活用した超高解像度画像を公開

新車 レスポンス

ベントレーは、新型『ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース』がサンフランシスコ・ゴールデンゲートブリッジを渡る超高解像度画像をWEBサイトで公開した。

画像の作成には、火星探査機でパノラマ写真を撮影するために開発されたのNASAの技術を採用。700メートル離れた遠景からキャビンへズーム、ヘッドレストにある「ウィングドB」のロゴ刺繍はおろか、4500個の刺繍ステッチひとつひとつまで確認できる驚きの画像となっている。

画像は、一般的なスマートホンで撮影した写真の4425倍で、画素数は約530億。1か所から撮影した700枚のデジタル画像を合成して作成した。普通の写真のように紙に印刷すると、サッカー場ほどの大きさになるという。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース の超高解像度画像
  • ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース の超高解像度画像
  • ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース の超高解像度画像
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ