自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

社会 レスポンス

国土交通省は、自動運転技術の開発が加速していることから10km/h超での自動操舵機能の使用に関する規定の適用について、道路運送車両法の保安基準を改正する。

自動操舵機能の近年の急速な技術開発の進展を踏まえ、現在、国連で「かじ取装置に係る協定規則(第79号)」の改正が議論されている。このため、自動操舵機能に関する協定規則第79号の改正が適用されるまでの間、ドライバーがオーバーライドできることを前提に、10km/h制限に関する基準の適用を当分の間猶予するための規定を追加する。

乗用車の適用時期は2016年7月1日から2018年7月1日まで。

  • レスポンス編集部
  • 国土交通省《撮影 中島みなみ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ