ボルボの最上級ワゴン、V90 新型…生産開始

業界 レスポンス

ボルボカーズは6月22日、スウェーデン・イェーテボリのトースランダ工場において、新型『V90』の生産を開始した。

先代ボルボV90は、『960エステート』の名称変更モデルとして、1997年に登場。それからわずか1年後、1998年に生産を終了した。3月のジュネーブモーターショー16でワールドプレミアされた新型V90は、先代同様、ボルボカーズの最上級ワゴンに位置付け。先代モデルの生産終了から約18年を経て、V90がボルボカーズのラインナップに復活を果たした。

新型V90は、1月のデトロイトモーターショー16で初公開された最上級セダン、新型『S90』のステーションワゴン版。新型S90はもちろん、新型『XC90』との間でも、ボルボカーズの新世代車台「SPA」を共有している。

新型V90の基本フォルムは、新型S90のリアを延ばし、ステーションワゴン化したもの。荷室や収納部には、ボルボカーズのワゴン開発60年以上のノウハウが反映された。新型S90と同じく、室内には厳選された素材を使用し、最上級車に相応しい仕上がりを追求した。

6月22日、スウェーデン・イェーテボリのトースランダ工場から、新型V90の量産第一号車がラインオフ。ボルボカーズのホーカン・サムエルソン社長兼CEOは、「新型V90の生産開始は、ボルボにとって重要なマイルストーン」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • スウェーデンで生産が開始された新型ボルボV90
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ