日立オートモティブのフレックス燃料向け燃料ポンプ、ブラジルでVWに採用

業界 レスポンス

日立オートモティブシステムズは6月24日、ブラジルの燃料事情への対応を目的に開発した高圧燃料ポンプがフォルクスワーゲン社(VW)に採用されたと発表した。

ブラジルでは1973年のオイルショックを契機とした「国家アルコール計画」の実施により、サトウキビを原料とするエタノール燃料車両が開発、販売され始めた。現在では、サトウキビやトウモロコシなどのバイオマスを原料とするエタノールの生産量が、世界生産のおよそ3分の1を占めるまでに伸長。同時にブラジル自動車販売台数の約90%を、ガソリンやエタノールなどを混合した燃料で走行するフレックス燃料車が占めるまでになっている。

エタノール燃料はガソリンと比べて腐食性や壊食性が高いため、自動車の燃料機器が劣化や損傷を起こしやすいことが課題として知られている。日立オートモティブシステムズでは、適切な材料選定とともに、液体シミュレーション技術を用いたポンプ構造の最適化を図ることで、部品の耐久性を向上。25メガパスカルの高燃圧と、100%エタノール燃料(E100)への対応を可能とした。また同時に、脈動騒音の小さい構造を適用し、静音化も実現。これらのソリューション提案が、新興国でビジネス展開を拡大しているVWに高く評価され、同社のブラジル生産車両に搭載されることになった。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ