ルノー日産傘下の露アフトワズ、新会長を承認

業界 レスポンス

ルノー日産アライアンスは6月23日、傘下のロシア自動車最大手、アフトワズの株主総会において、取締役会の新会長人事が承認された、と発表した。

ルノー日産は2014年6月、アフトワズの経営権を持つ合弁会社、アライアンス・ロステック・オートBVの過半数の株式を取得。これに伴い、アフトワズもルノー日産アライアンスの傘下に入った。

アフトワズの株主総会において、取締役会の新会長に承認されたのは、セルゲイ・スクボルソフ氏。同氏は現在、アライアンス・ロステック・オートBVの重役。同氏が、アフトワズの新会長として承認された。

なお引き続き、ルノー日産アライアンスのカルロス・ゴーン会長兼CEOと、アライアンス・ロステック・オートBVのセルゲイ・チェメゾフCEOが、企業戦略の面で重要な役割を果たしていく。

ルノー日産アライアンスは、アフトワズの経営権を有する持株会社、アライアンス・ロステック・オートBVの過半数の株式を保有。これらのパートナーシップのもと、トリアッティ工場およびロシア全土の工場では現在、ルノー、日産、ラーダの3ブランドの車両を生産している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ