益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

業界 レスポンス

三菱自動車の益子修会長は6月24日に千葉市で開いた定時株主総会で、日産自動車との資本提携で三菱自のカラーが薄まることはないかとの株主の質問に対し、「私どもは三菱ブランドを維持する」と強調した。

益子会長は「日産との資本提携は、基本的に経営の自主性を尊重するということが、まずベースになっている。つまり私どもは経営を自主的に行うということ。二番目にブランドは別ということなので、私どもは三菱ブランドを維持する。3番目にマーケティングも別で、これは販売という面では日産とは競争ということになる」と、今回両社で合意した提携の概要を説明。

その上で「日産とは提携して何をするのかということだが、これは(日産の)ゴーンCEOも仰っているが、見えない所で協業、協力を進めていくのが一番良いのではないかと。では見えないところとは何かというと、ひとつは購買、それからプラットフォーム、パワートレインの共通化こういったことが今後メインになっていくのではないかと思っている」との見通しを示した。

さらに「日産が三菱自を評価している点がいくつかあるが、車種ではピックアップトラックおよびその派生車。それから電動車両。また地域ではASEANで三菱自は非常に良くやっているねと日産は認識している。私どもとしては強いところを是非伸ばしていきたい。その強いところいうのが三菱自らしさだと考えているので、三菱自らしい車を今後も造っていきたい。従って日産の考え方で車造りが全部進んでいくことはないので、安心して頂きたい」と述べた。

三菱自と日産は5月12日、年内をめどに三菱自の株式34%を日産が取得して筆頭株主となるとともに、両社の生産設備の一体運営や技術資源の相互共有など連携を一段と強化することで合意した。

  • 小松哲也
  • 三菱自動車 株主総会《撮影 小松哲也》
  • 三菱自動車 株主総会《撮影 小松哲也》
  • 三菱自動車 株主総会《撮影 小松哲也》
  • 三菱自動車 株主総会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ