【グッドウッド16】1台限り…アストンマーティン ヴァンテージ GT12にロードスター

新車 レスポンス

英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンは6月24日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『ヴァンテージ GT12ロードスター』を初公開した。

アストンマーティンは2015年3月、ジュネーブモーターショー15において、『ヴァンテージGT12』をワールドプレミア。ヴァンテージGT12は、『ヴァンテージ』をベースに軽量化を図り、公道だけでなくサーキット走行にも対応させたスパルタンモデル。全世界に向けて、100台が限定生産され、完売に至った。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで初公開されたヴァンテージ GT12ロードスターは、クーペボディのヴァンテージGT12のオープン版。アストンマーティンの特別車両開発部門、「Q by Aston Martin」が、「アストンマーティン最強のオープンモデル」をテーマに掲げ、顧客の要望を受けてワンオフで製作した。

フロントに搭載されるエンジンは、自然吸気の6.0リットルV型12気筒ガソリン。ヴァンテージGT12同様、マグネシウム・インレット・マニホールド、軽量マグネシウム・トルクチューブ、チタン製エグゾーストなどのチューニングが施されており、最大出力600psを引き出す。

トランスミッションは、パドルシフト付きの7速「スポーツシフト」。サスペンションには、専用チューンが施された。ワンオフモデルらしく、カーボンファイバー製のボディパネルを専用に設計。アグレッシブなエアロフォルムに仕上げられている。

  • 森脇稔
  • アストンマーティン ヴァンテージ GT12 ロードスター
  • アストンマーティン ヴァンテージ GT12 ロードスター
  • アストンマーティン ヴァンテージ GT12 ロードスター
  • アストンマーティン ヴァンテージ GT12 ロードスター
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ