東洋ゴムとガンバ大阪、プラチナパートナー契約を締結

業界 レスポンス

東洋ゴム工業は6月24日、Jリーグ「ガンバ大阪」と、2016年7月1日から2018年1月31日までのプラチナパートナー契約を締結したと発表した。

ガンバ大阪は、2005年にJ1リーグ優勝、2008年にAFCチャンピオンズリーグ制覇、2014年には、国内3冠(J1リーグ・天皇杯・ナビスコカップでの各優勝)の偉業を成し遂げてきた名門チーム。同チームは、大阪を中心とした関西の多くのサポーターから支持され、国内の各種大会はもとより、アジアや世界の高いステージで常にトップを目指している。

東洋ゴムは、昨年より「そのタイヤに、驚きはあるか。」というコピーを機軸として、ブランド活動を展開。挑戦的なチームスローガンのもと常に頂点をめざすガンバ大阪の姿勢が、TOYO TIRESブランドの世界観にもオーバーラップするものと共鳴し、今回、同チームを全面的に応援していくスポンサーシップを表明し、契約を締結した。

同社は今後、公式ユニフォーム(パンツ)でのブランド訴求、チーム新本拠地「吹田サッカースタジアム」などでの看板広告のほか、各種販促活動に同チーム資産を活用し、国内市場におけるTOYO TIRESブランドのエンゲージメントを図っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ガンバ大阪のホームスタジアム(市立吹田サッカースタジアム)《提供画像 ガンバ大阪》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ