【ルノー キャプチャー カンヌ】カンヌ映画祭に相応しい雰囲気を

新車 レスポンス

ルノー・ジャポンが発売した限定車、『キャプチャーカンヌ』はカンヌ映画祭にちなんだもので、ルノーと映画の関係は創業当時にまで遡るという。

映画の父とも呼ばれるリュミエール兄弟の第1作目にルノー『タイプA』(1898年)が使われてから110年ほどの歴史が経つ。また、ルノーの本社があるブローニュ・ビヤンクールは映画の街でもあった。「最初に映画の撮影スタジオが建設されたのも、ブローニュ・ビヤンクールで、様々なかたちでルノーと映画の関係があった」とは、ルノー・ジャポン マーケティング部チーフプロダクトマネージャーのフレデリック・ブレン氏の弁。

1960年代から映画祭にクルマを提供し始めたルノー。現在カンヌ映画祭には200から300台ほどの車両を提供しているという。その理由についてブレン氏は、「VIPを送迎するだけではなく、ルノーというブランドを著名人に知ってもらうのだ。そうすることで、監督がこのクルマを使おうなどと思わせることも出来る」と語る。

今回の限定車、キャプチャーカンヌはこういったルノーと映画の関係性から生まれ、今年で2度目の登場だ。「昨年は黒ルーフだったが今回はカプチーノだ」とブレン氏。日本仕様で、イヴォワール(アイボリー)と、カプチーノカラーのルーフを組み合わせたキャプチャーは初だ。また、もう一方のブルーマリンフュメとカプチーノの組み合わせも日本仕様ではなかった。ブレン氏は、「このブルー自体は日本初ではなく、3世代目の『ルーテシア』のモデル末期に投入したマニュアルに設定があった」という。そして、「キャプチャーはツートンカラーがメインなので、カプチーノと組み合わせ渋く仕上げた」と述べる。

内装はブラウン調となり、エアコンの吹き出し口やナビ周りはブロンズに仕上げられている。ナビは9インチが装着された。また、キャプチャー初のレザーシートを採用。サイドサポート部はアルカンターラとなり、「上品でエレガント。カンヌ映画祭に相応しい雰囲気を演出している」と語った。

  • 内田俊一
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャー カンヌ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ