【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

業界 レスポンス

「ものづくりワールド2016」には数多くの3Dプリンターが出展されていた。その中でひときわ注目を集めていたのが、松浦機械製作所(本社・福井県福井市)のハイブリッド金属3Dプリンタ「LUMEX Avance-60」だ。その周りには常に多くの来場者が集まっていた。

金属用の3Dプリンタはいろいろあるが、同社のものは一味違う。約60cm四方の大きなものが製作できるうえ、精度が抜群に高いのだ。展示したエンジン用の部品を見れば一目瞭然で、そのまま製品として使えるほど。研磨などの後処理を一切行っていないという。

精度がいいのには訳がある。加工用テーブルの上に敷きつめた薄い金属粉末をレーザー光で焼き固めながら、1層ずつ積み上げるように造形すると同時に、その表面を高速で磨き上げる切削作業を行っているからだ。これによって、精度が大幅に上がり、強度も強くなり、最終製品とすることも可能になったそうだ。

「以前はこれよりもずっと小さいLUMIEX Avance-25を売っていたんですが、もっと大きなものをつくれる機械ができないかとのリクエストがあり、これをつくりました。今回初めて披露しましたが、すでに多くのところから引き合いがきています。特にモータースポーツ系の会社が関心を示しています」と同社関係者は話す。価格は1億5000万円だ。

  • 山田清志
  • 松浦機械製作所が開発したハイブリッド金属3Dプリンタ「LUMEX Advance-60」《撮影 山田清志》
  • 「LUMEX Advance-60」で製作したエンジン用の部品《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ