ナビタイム、トラック専用カーナビアプリの規制情報考慮範囲を全国に拡大

テクノロジー レスポンス

ナビタイムジャパンは、Android OS向けトラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」のトラック規制情報考慮の範囲を全国に拡大した。

トラックカーナビは、日本初のトラックドライバー向けのカーナビアプリ。トラックの通行止め(時間帯規制も含む)や車高、車幅、重量制限などを考慮したルート検索、ナビゲーションを行うことができる。

トラックの規制情報考慮範囲は、3月28日の提供開始以来、関東地方の1都6県(茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県)と、九州地方の2県(熊本県/大分県)の一部地域のみだったが、今回、全国対応を開始した。

また今回の対応に伴い、6月27日より音声ナビゲーションや交通情報表示、地図上での規制情報表示など、一部機能を有料化。価格(税抜)は月額700円から。初回登録時の無料試用期間も用意する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ