【ボルボ XC90 T8】近未来のラグジュアリーカーを提案

新車 レスポンス

ボルボ『XC90 T8』は、XC90のトップグレードに位置し、近未来の新しいラグジュアリーカーの在り方を示したモデルだという。

そう話すのは、ボルボ・カー・ジャパンマーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也氏だ。T8は、「単にプラグインハイブリッドというだけではなく、このシリーズの最高峰エンジン、最も強力なハイパフォーマンスモデルという位置づけだ」という。従来であれば、「4リットル、5リットル級の6気筒、もしくは8気筒ガソリンエンジンの領域を、この新エンジンである、4気筒2リットルツインチャージャー、プラグインハイブリッド車のT8がカバーしている」とコメント。

現在各社からプラグインハイブリッドは多数発売されており、パワートレインとバッテリーのレイアウトも様々だ。XC90 T8はフロントにT6エンジンと8ATを搭載。車両中央の前後方向にリチウムイオンバッテリーを。そして、リアアクスルにリアモーターが配置された。このレイアウトへのこだわりについて岡田氏は4つの理由があるという。

ひとつは重量配分を最適化出来ること。次にドライブシャフトがないので、その分軽量化が図れること。そして、「次の2点がボルボらしいところで、ラゲッジスペースを犠牲にせず、サードシートと共存させることが可能なこと。最後はクルマの中で衝突安全に対して最も安全性を確保出来るのはセンター部分だ。ここにバッテリーを搭載出来ることだ」と岡田氏。特にXC90では、「先代からの特徴でサードシートを実現させることにこだわった」と述べる。

そのラゲッジ容量は、「ガソリンモデルと比較し、52リットルほど少なくなった。これに対して、競合他車は、最大150リットルほど差あるので、影響を最小限にとどめることが出来た。そのうえで、他車にはない7人乗りを実現している」と優位性を語った。

  • 内田俊一
  • ボルボ XC90 T8《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90 T8《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90 T8《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90 T8《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90 T8《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90 T8《撮影 内田俊一》
  • ボルボ XC90 T8《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ