【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

エコカー レスポンス

日本時間の6月27日、米国で決勝レースが開催された「第100回パイクスピーク国際ヒルクライム」。「モンスター」こと、田嶋 伸博選手は、今年は改造EVクラス3位、総合5位だった。

田嶋選手の今年の参戦車両は、「2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_One」。田嶋選手が代表のタジマモーターコーポレーション、SIM-Drive、RIMAC AUTOMOBILI(クロアチア)の3社が共同開発したEVレーシングカー。

2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_Oneは、新しいシャシーとパワートレインに生まれ変わった2015年モデルがベース。1.1MW(約1500ps相当)のハイパワーを効果的に生かすために、さらなる改良が行われた。

この2016 Tajima Rimac E-Runner Concept_Oneは、6月27日の決勝レースにおいて、9分51秒978のタイムでゴール。2015年の9分32秒401には、及ばなかった。

また、9分51秒978のタイムは、同じく改造EVクラスに参戦した、新型アキュラ(ホンダ)『NSX』モチーフの『SH-AWDコンセプト』の9分06秒015に続く、同クラス3位。総合では5位の結果を残している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ