トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

業界 レスポンス

トヨタ自動車のフランス生産子会社、TMMF(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・フランス)は6月24日、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)の累計生産台数が300万台に到達した、と発表した。

TMMFは2001年1月末、ヤリスの現地生産を開始。主に、欧州市場に出荷してきた。2013年5月からは、北米向けの生産も日本から移管。累計生産台数300万台は、生産開始からおよそ15年で達成した記録となる。

記念すべき累計生産300万台目となったヤリスは、日本仕様にはない『ヤリス ハイブリッド』。ブラック&ホワイトのツートンボディの特別モデルの出荷を、TMMFの従業員が祝福した。

このヤリス ハイブリッドは、フランスの顧客に届けられる予定。TMMFの全生産量の87%は、フランス国外へ輸出。欧州全域をはじめ、米国、カナダ、プエルトリコなど、世界42市場へ出荷されている。

また、2001年の生産開始当初のヤリスは、1.0リットルエンジンを搭載し、CO2排出量は134g/km。一方、現在のヤリス ハイブリッドのCO2排出量は75g/km。トヨタは、「CO2排出量を44%低減させた」と説明している。

  • 森脇稔
  • トヨタ ヴィッツが欧州累計生産300万台
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ