横河ディジタルとマックシステムズ、自動車産業向け計測・適合開発支援ツールで協業

テクノロジー レスポンス

横河ディジタルコンピュータは6月28日、「LabVIEW」をカスタマイズした自動検査装置やHILSシステムの設計ノウハウを持つマックシステムズと自動車産業における計測・適合開発支援ツール分野で協業展開していくと発表した。

近年、自動ブレーキやパーキングアシストなど、様々なADAS(先進運転支援システム)機能が量産車にも搭載されるようになり、信頼性と高精度な制御が求められている。ADAS機能の進化に伴い複数ECU間のきめ細かい協調制御が必要になり、高精細な計測や高度な検証、効率的で信頼性の高い開発手法が必要不可欠となっている。

今回、ECU向け複合計測機「RAMScopeシリーズ」を製造・販売する横河ディジタルコンピュータと、自動車産業向けHILS環境構築にノウハウを持つマックシステムズが協業展開。新たなソリューションを展開することで、自動車産業分野の計測・テスト・検証フェーズで求められている、ユーザカスタマイズされた複合計測システムの提案・提供を実現していく。

両社は協業の第一弾ソリューションとして、「RAMScope」を使い、実ターゲット(ECU)の内蔵RAMデータをリアルタイムにサンプリングして「LabVIEW」に直接取り込み、表示・解析するデモンストレーション環境を提案。一貫性のある連携と、より実車に近いデモンストレーション環境を再現することで、ADAS分野等における計測・テスト・検証フェーズに貢献する。

同ソリューションは、6月29日から7月1日にポートメッセなごやで開催される「人とクルマのテクノロジー展2016 名古屋」に参考出展する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ