トヨタの米アラバマ工場、設立15周年…エンジン累計生産450万基

業界 レスポンス

トヨタ自動車は6月21日、米国アラバマ州のTMMA(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ)が設立15周年を迎えた、と発表した。

同工場は、2001年に設立。世界のトヨタの工場の中で、直列4気筒、V型6気筒、V型8気筒エンジンを、1つ屋根の下で生産する唯一の工場として知られる。

2015年9月には、エンジン累計生産400万基を達成。現在では、エンジン累計生産は450万基を超えている。

同工場製のエンジンは、トヨタの北米現地生産7車種に搭載。米国のベストセラー乗用車の『カムリ』をはじめ、『RAV4』、『ハイランダー』、『セコイア』、『タコマ』、『タンドラ』、『ヴェンザ』が積む。

トヨタアラバマのジム・ボルテ社長は、「過去15年間のアラバマ工場の成長の歩みは、素晴らしいもの。この成功は、品質と安全性にコミットメントしてきた従業員、現地のパートナーの支援、地元政府の尽力のおかげ」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ