トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

業界 レスポンス

トヨタ自動車が6月29日、国土交通省に届け出た『プリウス』などのリコール(回収・無償修理)。このリコールが、米国市場にも拡大した。

これはトヨタの米国法人、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。「トヨタとレクサスのおよそ48万2000台について、リコールを行う」と発表している。

今回のリコールは、カーテンシールドエアバッグ用のガス封入式インフレータの不具合が原因。インフレータパイプの洗浄が不充分なために、溶接部に亀裂が入る可能性がある。そのため、車内温度が上がると溶接部が破れ、破片の一部が室内に飛び出す恐れがある

米国市場でリコールの対象となるのは、トヨタ『プリウス』2010-2012年モデル、『プリウスPHV』2010および2012年モデル、レクサス『CT200h』2011-2012年モデルの3車種。米国で販売されたおよそ48万2000台が、リコールに該当する。

米国トヨタ販売では、対象車を所有する顧客に連絡。販売店において、飛散防止用のプロテクタを取り付けるリコール作業を行う。

  • 森脇稔
  • トヨタプリウスPHV(米国仕様)
  • レクサスCT200h(米国仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ