【グッドウッド16】フェラーリ カリフォルニアT に「HS」…ヒルクライムで本領発揮

新車 レスポンス

イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリは6月25‐26日、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」のヒルクライムに、『カリフォルニアT』の「ハンドリング・スペチアーレ」(HS)を出走させた。

同車は3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16で初公開。ハンドリング・スペチアーレは、カリフォルニアTの新しいオプションパッケージ。さらにスポーティなドライブを望む顧客に向けて、とくにタイトなコーナーが連続するワインディングロードを楽しむために開発された。

車輌の剛性向上を目的に、硬度を高めたスプリングを組み込んだ新ダンパーセッティングを採用。スプリングレートはフロントを16%、リアを19%アップ。コーナーでのロールをはじめ、ダイブやピッチなど荷重変化に対する車体コントロール性能向上に貢献する。フェラーリによると、快適性は若干低減するものの、エンジンスピードの上昇に比例して増加する、新しいエンジンサウンドによって、スポーツ性がさらに強調されるという。

「Sport」モード でのギアシフトロジックは、ATおよびMT双方とも見直し。シフトアップもダウンもスポーツ性を強調する俊敏なギアチェンジを追求した。マネッティーノのこれまでの「Sport」モードと異なる点は、応答速度と効率を向上させた SCM3 磁性流体式ダンパーを採用したこと。さらに、加速の向上を目的に、F1-Trac ロジックも見直された。

このカリフォルニアTのハンドリング・スペチアーレが、グッドウッド名物のヒルクライムに登場。全長およそ1.8kmのヒルクライムコースにおいて、フェラーリの入門モデルでありながら、本格的なスポーツ走行に対応できる実力を披露し、HSの本領発揮となった。

  • 森脇稔
  • フェラーリ カリフォルニアT のHS
  • フェラーリ カリフォルニアT のHS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ