三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

業界 レスポンス

三菱自動車は7月1日、燃費不正再発防止策として、日産自動車から開発部門トップに迎え入れた山下光彦副社長の直属組織として「事業構造改革室」を設置したと発表した。

事業構造改革室は、再発防止策の着実な実行を主導しフォローアップの役割も担う組織で、問題の起こった開発本部の幹部に加え、品質統括本部や監査本部の幹部を含めたメンバーで構成。室長は同日付で、山下副社長自身が就任し、陣頭指揮を執る。

三菱自動車は今後、事業構造改革室の活動を通じ、再発防止策に盛り込んだ開発部門の透明性確保や恣意性の排除、自浄・主体意識の向上、検証体制の強化を実行・モニタリングしていく。また同社は外部有識者による特別調査委員会から報告を7月末頃に受ける予定だが、これを踏まえた再発防止策の追加策定も同室で行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ