国土交通省、FCVに国際基準を採用へ…保安基準を改正

社会 レスポンス

国土交通省は、道路運送車両の保安基準を一部改正して水素燃料自動車(FCV)の基準に国際基準を採用した。

自動車の安全基準について、自動車の安全を確保しつつ、国際的な整合も確保するため、日本は国際連合の「車両等の型式認定相互承認協定」に1998年に加入し、現在、相互承認協定に基づく規則について段階的に採用を進めている。

今回、協定規則のうち、新たに「水素燃料自動車の安全基準に係る協定規則」、「フルラップ前面衝突時の乗員保護に係る協定規則」を採用する。

これらを受けて、道路運送車両の保安基準について改正する。具体的には、圧縮水素ガスを燃料とする自動車に備える燃料配管に関し「水素燃料自動車の安全基準に係る協定規則」の技術的な要件に適合しなければならないこととする。

また、衝突試験後の燃料漏れ要件についてフルラップ前面衝突試験方法を「フルラップ前面衝突時の乗員保護に係る協定規則」に整合させる。

水素燃料自動車の安全基準に係る協定規則の新型車適用は2018年9月1日から。

  • レスポンス編集部
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
  • トヨタ FCVプラス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ