6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

業界 レスポンス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が7月1日に発表した6月の新車販売統計(速報)によると、総販売台数は前年同月比4.9%減の42万907台となった。燃費不正による軽自動車の落ち込みが続いており、2か月連続のマイナスになった。

このうち登録車は3.0%増の28万7770台と、3か月連続で増加し、回復基調に入ってきた。一方の軽自動車は、18.4%減の13万3137台と大幅なマイナスになり、2015年1月から18か月連続での減少となっている。

軽自動車は三菱自動車工業の燃費不正によって同社と日産自動車の主力乗用車が4月下旬から販売停止となり、市場全体にも影響を与えた。6月の軽販売は三菱自が75.7%減、日産が77.4%減と、ほぼ5月と同様の落ち込み幅になった。このほかの軽大手ではスズキが9.3%減、ダイハツ工業が11.0%減となっており、燃費データ測定で不正があったスズキは市場を上回るレベルに回復している。

  • 池原照雄
  • 三菱eKスペースとeKワゴン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ