【グッドウッド16】ホンダ シビック、WTCCレーサーに「アートカー」…アニメがモチーフ

新車 レスポンス

ホンダは6月23日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『シビックWTCC』のアートカーを初公開した。

ホンダはWTCC(世界ツーリングカー選手権)に、『シビック』ベースのレーシングカーで参戦中。現在、マニュファクチャラー部門では、シトロエンに次ぐ2位につけている。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで初公開されたのが、シビックWTCCのアートカー。ホンダは、ジャン・グラトン財団と協力。アートディレクター、Dominique Graton氏が、1957年のフィクションアニメ『ミシェル・ヴァイヨン』をモチーフに、シビックWTCCの車体に、ブルーやイエローを組み合わせたアートを表現した。

ボディの側面には、タコメーターが描かれており、回転計の針は1万1000rpmを指している。これは、フォーミュラマシンのコクピットに、ヒントを得たものという。

なお、このシビックWTCCのアートカーは、ホンダのWTCC参戦マシンの4台のうちの1台。なお、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、「WTCC ART CARS」と題したイベントを、今年初めて開催。ファン投票によって、シビックWTCCのアートカーが、最優秀の「WTCC GOODWOOD ART CARS」賞に輝いている。

  • 森脇稔
  • ホンダ シビック WTCC アートカー
  • ホンダ シビック WTCC アートカー
  • ホンダ シビック WTCC アートカー
  • ホンダ シビック WTCC アートカー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ