トヨタ 86、『頭文字D』仕様が登場…英国

新車 レスポンス

伝説的なマンガ、『頭文字D』。この作品で、主人公が乗る車として人気を集めたトヨタ『スプリンター トレノ』(AE86型)を、トヨタの英国法人が最新の『86』ベースで再現し、話題になっている。

これは6月29日、トヨタUKが明らかにしたもの。トヨタ『GT86』(日本名:トヨタ『86』)の『頭文字D』仕様の画像を公開している。

このプロジェクトは、トヨタUKの特装車部門が開発を担当。日本市場で販売されているアフターパーツを取り寄せ、最新の86を『頭文字D』仕様に仕立てた。

装着されたパーツは、RSワタナベのアルミホイール、TRDのサスペンション、フジツボのマフラー、クスコのストラットブレース、カーボンファイバー製ボンネットなど。もちろん、パンダカラーの86の側面には、「藤原とうふ店」の文字が入る。

すでに日本では、全日本ラリー選手権などでおなじみのトヨタ86の『頭文字D』仕様。英国で製作されたのは、ボンネットの色を黒とするなど、一部で違いを演出した。

プロジェクトを担当したジェフ・クリフォード氏は、「この頭文字Dコンセプトは、トヨタのスポーツカーに対する最新のアプローチにおいて、86がいかに重要かをアピールするだけでなく、アフターパーツで86がさらなる性能向上を果たせる車と示すのが目的」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • トヨタ GT86(86)の『頭文字D』仕様
  • トヨタ GT86(86)の『頭文字D』仕様
  • トヨタ GT86(86)の『頭文字D』仕様
  • トヨタ GT86(86)の『頭文字D』仕様
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ