ポルシェ パナメーラ 新型、ドイツ工場で一貫生産へ

業界 レスポンス

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは6月30日、ドイツ・ライプツィヒ工場において、新型『パナメーラ』を一貫生産すると発表した。

新型パナメーラは2世代目モデル。6月28日、ドイツ・ベルリンでワールドプレミアされたばかり。そんな新型パナメーラの生産は、従来通り、ライプツィヒ工場が担当。ただし、先代(初代)とは、生産の手法を変えている。

先代(初代)パナメーラは、2009年に発売。ホワイトボディの製造および塗装は、フォルクスワーゲンのハノーバー工場で行い、そこから車体を輸送し、最終組み立てをライプツィヒ工場で行っていた。

しかし、新型パナメーラではライプツィヒ工場において、ホワイトボディの生産から塗装、最終組み立てまで、一貫生産する体制に変更。ポルシェはライプツィヒ工場に投資を行い、設備を改修してきた。今秋には、工場の従業員は初めて4000名を超える見通し。

ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長は、「ポルシェは、ライプツィヒ市や政府、住民との関係の緊密化を図っている。これまで、ライプツィヒ工場には、およそ13億ユーロを投資してきた」と述べている。

  • 森脇稔
  • ドイツ・ライプツィヒ工場で一貫生産されるポルシェ パナメーラ 新型
  • ドイツ・ライプツィヒ工場で一貫生産されるポルシェ パナメーラ 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ