ポルシェ コンサルティング、新オフィスをオープン…独ミュンヘン

業界 レスポンス

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェの子会社のポルシェ コンサルティングは7月4日、ドイツ・ミュンヘンに新オフィスをオープンさせた。

急成長中のポルシェ コンサルティングの売上高は、昨年度に初めて1億ユーロを突破。2014年の9020万ユーロから15%増の1億0360万ユーロの売上高を計上している。

ポルシェ コンサルティングは、ドイツの10社の主要経営コンサルタントのひとつ。産業内比較において、最高の結果を達成している。「戦略的思考、プラグマティックな行動」の原則に従い、戦略的アイデアの包括的な実施に焦点を合わせ、この中核アプローチによって、親会社のポルシェは、世界で最も利益性の高い自動車メーカーとなった。

ポルシェ コンサルティングは7月4日、ドイツ・ミュンヘンに新オフィスをオープン。南ドイツでの事業拡大を図るのが目的で、50名の従業員が新オフィスで働く。このオフィスは、2018年末までにコンサルタントを80名に増員する予定。主な活動分野には、自動車、自動車用品、機械およびプラントエンジニアリング、航空、金融サービスの各部門が含まれる。

ポルシェ コンサルティングは、世界中で385名を雇用。その卓越した事業展開によって、ドイツの3拠点だけでなく、ミラノ、サンパウロ、アトランタ、および上海へと拡張を続けている。

ポルシェのオリバー・ブルーメ社長は、新オフィスのオープニングセレモニーにおいて、「ポルシェ コンサルティングの強みは、ポルシェとフォルクスワーゲングループの膨大な専門知識を利用することができること。ポルシェ コンサルティングが他の業界に適用する多くの戦略は、私達自身がこれまでに経験してきた企業戦略であり、常に最良の結果をもたらしてきた」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ