日産 NT450アトラス、アイドリングストップを全車標準装備

新車 レスポンス

日産自動車は、小・中型トラック『NT450アトラス』を一部仕様向上し、7月6日より販売を開始した。

今回の仕様向上では、これまで一部のみ標準装備となっていたアイドリングストップシステムを全車標準とし、最大積載量2トンのディーゼル車ではクラストップレベルの低燃費11.60km/リットル(重量車モード)を実現した。また、デュアルクラッチトランスミッション「デュオニック2.0」搭載車には新たにヒルスタートアシスト機能を追加した。

インテリアはブラックとシルバーを基調とした内装に変更し、落ち着いた室内空間を演出。さらに、運転席シートのサイドサポート追加や座面クッション拡大などにより、快適な運転環境を実現している。また、運転席用オーバーヘッドトレイや中央席センタートレイ、マガジンラックなどの収納スペースを標準化し、使い勝手を向上させた。

価格は420万9840円から615万2760円。なおNT450アトラスは、三菱ふそうトラック・バスからのOEM供給車となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ